旭区の新築一戸建てASAHI

旭区の新築一戸建て

旭区にこだわりの新築一戸建てを

赤川 /生江 /今市 /大宮 /清水 /新森 /千林 /太子橋 /高殿 /中宮 /森小路
大阪市旭区ってこんな街

交通の便もよく生活に適した快適な住宅エリアです
旭区は、大阪市の東北部に位置する24区の一つです。古くから大阪と京都を結ぶ街道筋として栄えました。現在でも、京阪本線や市営地下鉄谷町線、今里筋線が通り、阪神高速道路、国道1号、163号などの道路網も整備された交通の便の良いエリアです。京阪本線千林駅近くに、大阪市でも有名な千林商店街があり区内外の買い物客でにぎわっています。地域のコミュニティ関連の施設も、地下式構造の旭スポーツセンターや、城北川に近い地域に、公園と一体化させた区民センター、芸術創造館、図書館などの複合施設が設けられ、区民のスポーツ、文化活動を支えています。旭区は、交通の便もよく生活に適した快適な住宅エリアです。

旭区の新築一戸建て探しはコチラから

今なら資料請求で「NICOコンセプトブック」無料プレゼント

旭区 新築一戸建てだからこそ、こだわりのデザイン

旭区という場所で、家族とともに最高の家をつくる。

大阪市の北東部で淀川左岸側に位置し、北に淀川、西に城東貨物線、南に国道163号・都島通が隣接している。
大半は住宅地として形成されているが、千林・森小路は大阪有数の千林商店街を中心に多くの商店街が連なっており、商業地も形成されている。大宮北部は大阪工業大学があるため学生が多く住んでいる。公共施設等は大宮南部・中宮南部に東の国道1号から西の城北筋まで東西に設置されている。
淀川右岸側へは豊里大橋、菅原城北大橋、赤川鉄橋(2013年に歩行者通路使用停止)が架かっている。
人口は1960年(昭和35年)には14万人を超えていたが、それ以降から2015年(平成27年)までは年々減少している。
全人口の内65歳以上の割合は28.9%と大阪市内の区で4番目に高い。木造建築物が比較的多く、重点密集市街地が存在する市町村の1980年(昭和55年)以前木造住宅密度は、全国の自治体の中で上位5位である。
また、周辺地域と比べて戦時の被害を受けていないため戦前の建築物が多く、特に1937年、千林に建てられた2階建の長屋は、2010年に大阪市都市景観資源に指定され、現在も根強く残っている。

旭区の新築一戸建て探しはコチラから

今なら資料請求で「NICOコンセプトブック」無料プレゼント

ログイン
大阪市の一戸建てならラビーズホーム販売 RABBY’S HOME

パスワードをお忘れの方はこちら
閉じる
アカウントはお持ちですか? 会員登録
大阪市内で一戸建をお探しなら
ラビーズホーム販売におまかせください

OTHERS その他コンテンツOTHERS その他コンテンツ