都島区の新築一戸建てMIYAKOJIMA

都島区の新築一戸建て

都島区にこだわりの新築一戸建てを

網島町 /片町 /毛馬町 /善源寺町 /大東町 /高倉町 /友渕町 /中野町 /東野田町 /都島北通 /都島中通 /都島本通 /都島南通 /御幸町
大阪市都島区ってこんな街

都島区は京橋駅と都島駅周辺を中心に商業地を形成
大阪市都島区は、大阪市の北東部に位置しています。JR線、大阪市営地下鉄、京阪電鉄の3社6路線が乗り入れています。JR線と京阪電鉄京阪線、大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線が乗り入れるターミナル駅の京橋駅周辺は、ショッピングモールなどの商業施設が立ち並び、商業の中心となるエリアです。大阪市営地下鉄谷町線都島駅周辺は、都島区の中心部に位置し、商店街などの商業施設や、スポーツセンターや医療センターなどの公共施設が立地し、高層マンションも立ち並んでいます。都島警察署都島通と市道赤川天王寺線の交差点があり、車の往来量も多いエリアです。

都島区の新築一戸建て探しはコチラから

今なら資料請求で「NICOコンセプトブック」無料プレゼント

都島区 新築一戸建てだからこそ、こだわりのデザイン

都島区という場所で、家族とともに最高の家をつくる。

1943年、北区と旭区から分離・再編して発足した。区名の由来は長柄豊崎宮の東岸(向かい側)に位置していたことから付いた『宮向島(みやこうじま)』という名が転訛したという説と、単純に都があったことから付いたという説の二つが今のところ有力。豊臣秀吉の時代には南部の京橋周辺が京街道(現:国道1号)の宿場町として栄え始め、江戸時代に入ると現在の都島通以北の地域が都市近郊の農村地帯として開墾され始めた。
明治時代以降は大阪の急速な発展によって次第に農村地域から住宅地・工業地・商業地の混在化した市街地に変貌を遂げ、大阪市北部有数の産業地区となった。戦後も人口増加が続き、繊維業や軽工業を中心に大いに発展したが、1970年代以降は地価の高騰やドーナツ化現象などに伴って工場は郊外に移転、昔ながらの市街地では労働力層の人口流出が起こった。 これにより都島区には長く停滞感が漂っていたが、リバーサイドともぶちや1982年にカネボウの工場跡地に大型高層住宅群ベルパークの建設が始まったことを契機に、都心に近接した交通の便の良い理想的な住宅地としての価値が見直され、マンション建設・市街地再開発が加速。区の人口は2004年に10万人の大台を回復し、現在も都島区は着実に発展を続けている。

都島区の新築一戸建て探しはコチラから

今なら資料請求で「NICOコンセプトブック」無料プレゼント

ログイン
大阪市の一戸建てならラビーズホーム販売 RABBY’S HOME

パスワードをお忘れの方はこちら
閉じる
アカウントはお持ちですか? 会員登録
大阪市内で一戸建をお探しなら
ラビーズホーム販売におまかせください

OTHERS その他コンテンツOTHERS その他コンテンツ